ヤミヤミ≒ヨマイヨマイ

このブログはわたしじゅんはじめが外界からの数多の刺激の中で妄想した事柄とか内なる衝動が生み出した邪なる創造の萌芽とかそういうなんだかよくわからないものを徒然なるままに日々雑記として書きつらねていこうと画策した上に設置されたものである・・・・・・・のかもしれないぞっと(^^ゞ

童夢

1月 26th, 2022 by PureJyam

大友克洋全集というのが刊行された。第1回の配本は言わずと知れた「童夢」である。全集としては8巻目にあたるらしいので、表紙には8と書かれている。全集というだけあって、漫画だけでなく監督した映画の絵コンテとかシナリオも含んでいて、サイトを見る限り35巻まであるっぽい。全巻揃えるというような気はさらさらないのだが、漫画だけでも買っておきたいとは思っている。

写真の左のやつは1983年発行のやつで、さすがに40年も経つと紙がかなり黄ばんでしまっていて、いかにも古本という趣になってしまった。まぁそれもあって全集版も買ってしまったのだけどね。
全集版は一回り大きくなって、ビニール製のカバーがかけられており高級感はある。値段が3倍以上になっているのだから、いっそハードカバーにしてもよかったんじゃないかとも思うけどね。
表紙のデザインについては、好みが分かれるところかなぁ。わたしの趣味には合わないが、悪い出来ではない。

「童夢」は、単行本になるときにかなりの加筆と修正がなされていて、雑誌に掲載された最終版のラストと展開が変わってるんだよね。そのときの雑誌を買おうかどうしようかかなり迷ったのでよく覚えいる。ただ、単行本化されるということだったので、雑誌の方は買わなくてもいいんじゃないかと思って見送ってしまった。当時は学生で金もなかったしね。で、単行本を買ってみたら、あれ?話変わってないか?と。「童夢」を読むたびに、あのとき買っておけばなぁと思い出す。

Posted in 未分類 | No Comments »

2021年秋アニメ総括

1月 22nd, 2022 by PureJyam

去年の秋アニメですが、完走が4作となかなか悪くはなかった。録画していたやつを全部見たのは久しぶりな気がする。

無職転生
2021年の冬アニメとして放映されていたものの続き。2期というよりは、単に1クール分やったあとに間が空いてしまったような感じ。多分制作の都合なのだろう。
1クール目で、魔力災害に巻き込まれて魔大陸に飛ばされてしまったルーデウスとエリスがそこで出会ったスペルド族のルイジェルドともに故郷へ帰るまでのストーリーとなる。
相変わらず緻密な描写と丁寧な演出で、見ていて安心できる。ただ構成面で冗長な部分と性急な部分とがごっちゃになっていてなんとなく収まりがよくない印象を受ける。やはり原作が長編であるためその中のどの部分までを2クールに収めるかというところでかなり難しい選択があるのだろう。最終話を見る限り続きをやる気満々という感じだが、やるとすると1年後とか2年後なのかな。

逆転世界ノ電池少女
異世界の別な日本からの侵略でマンガやアニメのサブカルチャーが弾圧された世界で、それらを取り戻そうとしている秘密結社が「ガランドール」と呼ばれるSDロボで戦うコメディ。原作があるわけではなくオリジナルアニメらしい。オタクネタとオーバーアクション満載だが、主人公が借金を背負った訳ありホストというのが他ではみない感じ。ギャグが面白いというわけでもないので、いつか切ろうと思って見ていたが、何故か最後まで見てしまった。なんでだろう。

takt op.Destiny
スマホゲームの宣伝アニメ。いわゆるメディアミックスで、ゲームの前日譚という位置づけらしい。が、悪くない。音楽に引き寄せられそれを破壊するD2と呼ばれる、隕石から生じた化け物。それに対抗すべく生み出されたムジカートという生体兵器の少女と彼女を指揮するコンダクターの物語。ムジカートはそれぞれクラシックのタイトルがつけられており、主人公はベートーベンの「運命」である。ソシャゲは今までも戦艦だのなんだのいろいろ擬人化してきているが、とうとうクラッシックまで擬人化してしまった。まぁ数はそこそこ多いし、物語も組み込み安いので、ある意味なんで今まで出てなかったのかという気もしないでもない。
まぁストーリー自体はいろいろ説明不足で突っ込みどころも多いが、わりとよくまとまっている。戦闘シーンの作画もかなり力が入っているし、登場人物の設定も面白い。シリアスな物語と、ムジカートとそれを指揮することになった主人公のとぼけたやり取りとの混ざり具合がうまい。キャラクターデザインがわたしの好きなLAM氏であるのがさらによいのだけどね。

色づく世界の明日から
そもそも2018年の秋に放送されたものの再放送なので、厳密に言うとここで扱うのも変なのだけど、今回が初見なのでしょうがない。
魔法が普通にある世界。2078年の女子高生瞳美は、魔法使いだが魔法を嫌っており、また色をみることができないということで、心を閉ざしていた。しかしある日同じく魔法使いである祖母に60年前の2018年の世界に送られてしまう。そしてまだ女子高生だった祖母と出会い、いろいろなことが変わってゆく。
魔法要素はあるものの基本的には青春ラブストーリーである。60年前の高校に編入した瞳美はそこでいろいろな人に出会い、友情と恋を育む。そして自分自身の問題に向き合ってゆくことになる。
描き方によってはドロドロになりそうな話をその一歩手前で抑えている感じが個人的には好み。心を閉ざしがちな瞳美とやたらと元気で明るい60年前の祖母の取り合わせがうまい。
タイトルと上に乗せたキービジュアルには記憶があるのだが、どうして録画していなったのかについては憶えていない。多分あらすじを見て、食指が動かなかったのだろう。最近は内容にかかわらず極力録画するようにしているが、3年前は多少取捨選択していたせいだな。

今期は「ルパン三世バート6」に期待していたのだが、1話の前半でギブアップ。演出も脚本も全く趣味に合わなかった。唯一押井守の脚本回のみ見たが、それはわりと面白かったけどね。いかにも押井守っぽい。ただ脚本の癖の強さを演出が生かせていない感じ。できれば本人の演出で見たかった気はする。
サクガン」というのは最初は面白そうだったのに、3話からなんか脚本と演出がおかしくなったので、脱落。描きたいことはわかるが、その世界で登場人物がほんとにそういう行動を取るのかというのは、やはりよくよく吟味しなければならなのではないだろうか。

Posted in お気に入り, アニメ | No Comments »

DESPERADOSⅢ

1月 21st, 2022 by PureJyam

本当なら「ELDEN RING」が本日発売だったはずなのだが、延期されてしまい、結局年末年始のSteamのセールで買ったゲームをちまちまとやっている。
来月には、以前やった「Horizon Zero Dawn」 の続編である「Horizon Forbidden West」も発売されるので、大作が2本被ってしまうのだよね。まったくタイミングが悪い。

年末に買った「Shadow Tactics Blades of the Shogun」が面白かったので、年始のセールで似たようなゲームを見つけてついつい買ってしまう。
「DESPERADOSⅢ」という西部劇風のシミュレーションゲーム。単に同ジャンルのゲームだとばかり思ってやり始めたら、 「Shadow Tactics Blades of the Shogun」 と同じ開発元のゲームで、システムから何からほぼ同じだった。背景が戦国時代の日本から開拓時代のアメリカに移っただけという。もっともゲームシステム自体が面白いので、それはそれで全く問題はないのだけどね。

このゲーム、以前にも書いた通りリアルタイムアクションシミュレーションなのだが、基本的にはステルスゲーである。マップ上に多くの敵が配置されており、敵に見つかると攻撃され、逃げることも可能だが、警戒度が上がってさらに敵が増えたりもするので、あくまで見つからずに行動することが要求される。
隠れながら移動して、タイミングよく敵を殺すのだけど、敵の配置がなんとも絶妙で、一人を殺そうとすると必ずどこからか別の敵が見ていたりする。あるいは移動しながら見回っている敵もいて、どこまでが視界に入っているかを常に意識しつつ行動しなければならない。味方を複数使って同時に殺したりとか、コインを投げて視界をずらすとか、誘惑して陽動するとか、味方のスキルをどこでどういう風に使うのかがカギとなる。また、目的に到達するルートもいくつもあって、どのルートを通るかで難易度も変わってくるということで、ほんと面白い。やり始めると時間を忘れちゃうんだよね。

天穂のサクナヒメ」と「INSCRYPTION」も引き続きやっている。こっちも面白いのだが、 「DESPERADOSⅢ」 が面白すぎてやめられない。とはいえ、さすがにあと1か月はもちそうもないけどね。

Posted in 未分類 | No Comments »

スリーピー・ホロウ

1月 16th, 2022 by PureJyam

なかなかはけない積ブルーレイの消化。今年はなんとしても未見を0枚にしたい。

「スリーピー・ホロウ」 1999
アリス・イン・ワンダーランド」と同じく、ティム・バートン+ジョニー・ディップのおなじみコンビによるダークファンタジー。
タイトルだけは多分公開の頃から知っていたが、見たことはなかった。知っていたのは、ジョニー・ディップ主演ということと、首なし騎士が出てくるということだけ。かなり暗い感じのお話かと思っていたが、そういうわけでもなかった。
1799年、19世紀を目前にしたニューヨーク市警の警官ジョニー・ディップは、合理的科学的捜査を主張して上層部にうとがられ、郊外のスリーピー・ホロウという村へ派遣される。その村では、首なし騎士による首狩り事件が続発していた。ジョニーは早速捜査を始めるのだが・・。
という感じで、最初はどっち側に寄せた話なのかわからなかった。全てを合理的科学的に解決する系なのかあくまでファンタジックに煙にまくつもりなのか。
まぁ結局のところファンタジーをベースにしながらも、解決自体は合理的に行うというなかなか秀逸な脚本だった。特に伏線の張り方とかなかなか面白い。 ジョニー・ディップ はまだ30代でかなりの2枚目風だが、科学的捜査を主張しつつも臆病で怖がりという捜査官をいい感じに演じている。ジョニーと仲良くなる村の有力者の娘は、クリスティーナ・リッチという女優さんだが、どこかで見たことあるよなぁと思っていたら、1991年の「アダムス・ファミリー」で、無表情な娘のウェンズデーを演じていた人だった。
首なし騎士が首を狩るというお話のため、最初から最後まで首が切られるシーンが満載。しかもその切り口とかがやたらとリアルに作りこまれている。にもかかわらず印象としてあまり陰惨な感じがしないのは、やはりティム・バートンの個性なのだろう。

Posted in 映画 | No Comments »

eX.computer 14.1インチノートその2

1月 13th, 2022 by PureJyam

2年半ほど前に買ったノートPCは、今のところ健在である。まぁスペックの非力さ故にそれほど出番はなかったのだけど、家で仕事をする頻度が増えたため、ちょっとした参照用に使うことにした。
参考資料の表示で、メインPCの画面を取られるのはちょっとうざいしね。
せめてもメモリーを8Gくらいにできればよいのだけど、この機種は4G固定のため、そこはどうしようもない。そこで、メモリーに次いで心もとないストレージ部分を変えることにした。
このマシンで使われているのは、M.2接続のSSDで容量は64G。Windowsマシンとしてはギリギリのところである。OS自体は間に合うが、WindowsUpdateとかを考えると、せめても128Gくらいはほしい。幸いこっちは交換が可能という情報をネットで得ているので、容量アップに挑戦である。

しかし、ネットで見た交換成功例で使われているWDのSSDだと128Gがなかった。別メーカーの物ならあるが、実績が確認できないものを買うのも怖い。こういうのっていろいろあるかねぇ。
じゃあ250Gでいくかと思い価格を見ると、4,980円。だが、隣の500Gは5,980円なのである。いやぁ+1,000円で容量2倍になるのであれば、どうしたってそっちを選ぶよね(^^;)
ということで、結局500Gを買ってしまう。とはいえ、そんなに容量を使うことは多分ない。多いにこしたことはないが、完全にオーバースペックであることは確かだろうな。

交換は簡単だった。裏のネジを外し、接合部をこじ開けるだけ。基盤にSSDが刺さっているので、それを外し新しいものと入れ替える。上の写真の右上のやつ。
作業自体はものの20分もかからない。一番時間がかかったのは、システムを移すための回復メディアの作成のとこだった。USBメモリに書き出したのだが、低スペックが災いしてか書き出しに1時間くらいかかった。

さて、SSDを交換したからと言って、使い勝手がよくなったかというと、体感として変わったような気はしない。SSD自体の速度は上がっているはずだが、元々メモリーが少ないし、そんなに高負荷なこともさせる気はないのでね。交換によって余った64GのSSDについては、まぁあまり使い道がない。アダプターを付けてUSBメモリー代わりに使えるのだが、そもそも容量が64Gしかないからねぇ。64GのUSBメモリーなんざそれこそ1000円で買えるし、アダプターが2~3千円してしまうと、コスパが悪すぎるのである。全くどうにもならない。

Posted in パソコン | No Comments »

プロフェッショナル

1月 11th, 2022 by PureJyam

ジャン・ポール・ベルモンドが亡くなったのは、去年の9月だった。そのときブログに何か書こうかとも思ったのだが、なんとなく躊躇われたので結局何も書かなかった。まぁその4か月前にブルーレイボックスを買ったときにわりと長めに書いてしまっていて、もはや書く内容が思いつかなかったというのもあるにはあるのだけどね。ただそう思うとボックスを買ってすぐに逝ってしまったのだなぁということなわけで、なんか切ない。
今回は、そのブルーレイボックスの中の1作。

「プロフェッショナル」 1981
わりとありがちなタイトルだが、原題もそのままである。本国ではヒットしたが日本では劇場未公開だったらしい。ベルモンドは、アフリカのどっかの国の大統領を暗殺するために送り込まれた特殊工作員。しかし囚われてしまい、過酷な収容所生活を余儀なくされる。2年後辛くも脱獄したベルモンドは、自分を売った組織への復讐のため来仏中の大統領の暗殺を実行しようとする。
ベルモンドは有能でありながらちょっとふざけたところもあるいい感じのスパイ役で、かっこいい。ベルモンドはこの時期すでに40代後半なのだが、筋肉もりもりのいい体を見せてくれている。
彼を追う秘密警察?の警部がサディスティックな雰囲気を持った敵役で、そいつとの駆け引きがなかなか面白く描かれていた。ボックスの中では今のところ一番いいかな。
ただ、ちょっとベルモンドの行動の理由がいまいちわかりずらい。まぁ組織に売られて2年も苦渋を嘗めたというのが確かに動機なんだろうけど、そのへんの描写がなんか甘い気がする。ラストを見るとやみくもに復讐したかったわけじゃないよという感じで、それはそれでかっこいいのだけど、ベルモンドの心理描写があまりないので結局何がしたかったん?という疑問は残る。
テーマ曲はエンニオ・モリコーネで、哀愁を帯びたいい曲なのだが、ちょっと使いすぎててシーンに合ってないとこも多々あるのが微妙。

Posted in 映画 | No Comments »

昭和米国物語

1月 8th, 2022 by PureJyam

なんつーか、久々にインパクトのある動画を見たという感じ。アメリカが日本の文化に侵されている世界で少女がゾンビ?やらヤクザやらを撃ちまくるというゲームらしいが、それを中国のゲーム会社が作るというのが、もはやよくわからない。しかも大事マンブラザーズバンドの「それが大事」をバックに流しながら、となるともうその感性に脱帽である。

日本がアメリカを支配するというのは、古くはフィリップ・K・ディックの「高い城の男」というSFでやっていた。そういえば、何年か前にドラマ化されていたような記憶があるが、あれはどんな雰囲気だったのだろう。多分こういう系ではなくもうちょっとまじめな感じなんだろうな。

とんでもではあるのだが、日本文化の描かれ方は、わりとちゃんとしているように見えた。まぁちゃんとと言っても設定がそもそも日本文化に侵略されたアメリカということなので、誇張されたものではあるけどね。特にゴールデンゲートブリッジに吊るされたでかい提灯には笑った。確かにあそこには提灯吊るしたくなるよね。

今のところPVだけが公開されただけで、リリース日等々は全く不明。中国は突然のゲーム規制で大変らしいので、本当に出るのかどうかもわからないが、ぜひともリリースしてほしい(^^;)

Posted in ゲーム | No Comments »

PlayStation VR2

1月 6th, 2022 by PureJyam

PS5用の新VRが発表されましたですね。ようやくPSMOVEの呪縛から逃れて、写真のようなまともなコントローラーになるようです。まぁこのコントローラー自体は既に随分前に写真が出回ってましたね。コンセプトイメージかと思っていましたが、本物らしい。
またトラッキングも本体に搭載されたカメラで行われるので、ほとんどOculusQuest化した感じですかね。PS5との接続もOculusとPC間のようにUSBケーブル1本になるようですし。

ディスプレイは4HHDR対応の有機ELとのことで、片目あたり2000×2040とかなり高精細ですねぇ。とはいえ、OculusQuest2は既に1832×1920なので、それよりものすごくアップしているわけではなさそう。ただ、アイトラッキングを利用して、人が見ている中心のみを高精細描写するというような機能を載せるようなので、グラフィックはかなり期待できるかもしれません。それに本体はPS5ですしねぇ。処理能力としてはOculus以上です。

とはいえ、今のPSVRを買ってから5年経ちましたが、果たして元が取れるくらい活用したかというと微妙です。その後OculusQuestも買っちゃって、VRにはそこそこつぎ込んできましたが、結局のところ最初のインパクトはすごいもの、なかなか継続的にゲームできてません。
東京クロノス」や「ALTDEUS: Beyond Chronos」はかなり面白かったので、こういったゲームが増えてくれればよいんですが、移動を伴うものだとどうしてもVR酔いが発生してしまうので、それが難点です。
やはりまだまだVRという技術は発展途上なんですよね。OculusQuest2は売れたらしいですが、爆発的に普及しているかというとそんなこともないわけで、ゲーム好きのさらにその中の一部にだけだと思うんですよね。なので、PSVR2も発売したところで、果たして売れるのかという・・・。今のPSVRもそんなに売れてるようには見えないですからねぇ。

ただまぁ個人的には出たら買っちゃうかもしれません。VR大好き人間なので・・・。とはいえ、値段にもよるんですけどね。せめても今のPSVRと同じ程度で出してほしい。

Posted in ゲーム, 物欲 | No Comments »

あけましておめでとうございます

1月 3rd, 2022 by PureJyam

去年のやつはなかなか良い出来だったのだけど、今年は超手抜きになってしまった。
最初に作ろうとしていたやつが、AfterEffectsのバージョンが古すぎて対応できなかったので、急に方針転換したせいなのだな。CS5ももう10年くらい前のやつなので、最近のチュートリアル動画を見て作ろうとしてもそもそも機能が搭載されてないんだよね。困ったものだ。

とはいえ、Adobe税を払って最新にするほど使ってもいないというのが、ちょっと悲しい。去年も何か動画を作りたいとか書きましたが、結局作れてませんしねぇ。
今年こそは・・と書くとまたいつものパターンになってしまうので、もういっそ今年も多分やらないと思うけど、そこそこ頑張りたいくらいにしておこうかな。

Posted in 日々雑記, 映像制作 | No Comments »

パルプ・フィクション

12月 31st, 2021 by PureJyam

2021年も終わりですねぇ。なんだかコロナは終息しそうでしないようなするようなよくわからない状況で、まだまだ息が抜けません。来年こそはまっとうな1年になるんでしょうか。
今年は、ブルーレイを予想外に買ってしまいました。去年は20本だったのが、今年は87本。こんなに買ったのは今までにもありません。なんだか気になるものを次から次へと買ってしまい、でも見るのが全然追いつかなくて、未見のものが今年買った以上に溜まってしまってます。

「パルプ・フィクション」 1994
いわずと知れたクエンティン・タランティーノ監督の出世作。2000年に入ってからの作品だとばかり思っていたが、1994年のもので、そんなに前だったかなぁという感じ。前から買いたかったのだけど、以前見たときには日本語版が切れていて、英語版だけしかなかったので、あきらめていた。
前に「イングロリアス・バスターズ」を見たあと、もう一度確認してみたら「キル・ビル」はなかったが、こっちは在庫が復活していたので、即買ってしまう。
どんな話か全く予備知識もなく、知っていたのは、ジョン・トラボルタが出ていることと超有名なテーマ曲くらい。普通のギャング映画かと思っていた。
主人公かと思っていたジョン・トラボルタはまぁ確かに主人公の一人なのだけど、ブルース・ウィリスも出演していて、彼がもう一人の主人公でもある。
ギャングの手下で殺し屋のトラボルタとサミュエル・L・ジャクソン。ギャングのボスから八百長を持ちかけられる落ち目のボクサーのブルース・ウィリス。この2組のストーリーをいくつかのエピソードに分けそれを時間を前後させて描くという凝った構成で、このあたりが評価されたポイントなのだろう。
トラボルタとサミュエル・L・ジャクソンのコンビはその抜けたやりとりがやたらと面白いし、ブルース・ウィリスのボクサーのストーリーは想像の斜め上を行く展開に目が点になったし、これらがごった煮された感覚が好きです。
まぁ特にこの2組のストーリーとは何の関係もなさそうなチンピラカップルが出てくるアバンが最高ですね。タイトルへの入り方が神がかってます。

Posted in 映画 | No Comments »

« Previous Entries