ヤミヤミ≒ヨマイヨマイ

このブログはわたしじゅんはじめが外界からの数多の刺激の中で妄想した事柄とか内なる衝動が生み出した邪なる創造の萌芽とかそういうなんだかよくわからないものを徒然なるままに日々雑記として書きつらねていこうと画策した上に設置されたものである・・・・・・・のかもしれないぞっと(^^ゞ

ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション

8月 22nd, 2020 by PureJyam

「Ghost Of Tsushima」は終わりました。最初あまり期待していなくて恐る恐るって感じで買いましたが、とてもよかった。ストーリーもアクションもかなりの水準でした。「仁王2」のDLCは、まぁDLCということもありさほどのボリュームはなかったので、あっという間に終わりました。新しい武器とかが追加されていて、それはそれで面白かった。本編3週目の高難易度モードも追加されたので、少しだけ進めてみましたが、まぁやたらと敵が強くなっていてきついこときついこと(-_-;)

というわけで一段落してしまったので、また新しいゲームに手を出しています。わりと前から気になっていたSWITCHの「ゼノブレイド2」をやろうと思ったんですが、ちょっと前にその前作となる「ゼノブレイド」のリマスター版が出ていたので、まずそっちにしてみました。ストーリーの関連はないようなので、別に1作目からやる必要はないようなんですが、気分の問題ですね。

このゲーム元はWiiで2010年に出たということなんですが、全く知りませんでした。2010年にはWiiはもう手元になかったので、しょうがないんですけどね。でもって2015年に3DS版も出ているようですが、3DSは「大乱闘スマッシュブラザーズ」を最後に興味を無くしてしまっていたので、スルーしていました。なのでどんなゲームかも全く知らないままわりと勢いで買ってしまったので、ちょい不安でしたね。

オープンワールドのRPGです。これがオープンワールドなのかどうなのかについては、個人的にはちょっと引っかかるんですが、一応そのような分類にされているようです。どっちかというとドラクエとかと同じ伝統的なRPGにしか見えんのですけどね?
マップはかなり作りこまれています。古代、巨神と機神という神が戦い、その骸の上に世界が生じているという設定なのですが、神の巨大さと世界の広大さがよく表現されたマップです。一枚マップではなくエリア毎に別れていて、ストーリーが進むにつれていけるエリアが増えていく感じ。一つ一つのエリアはかなり広く、見える範囲にはどこでも行くことはできます。ちょっとやそっとじゃ廻りきれないくらい広いので、探索のためにうろつくだけでも面白い。景色もよいですしね。リマスターということで、グラフィックはSWITCH用に全て書き直されていて、とてもきれいです。キャラはもともと3Dアニメっぽいデザインなので、きれいといってもフォトリアルなきれいさではないのですがね。

戦闘がターン制ではなく、リアルタイムなのが特徴的。しかもフィールド上で敵と戦闘が始まると、アクションRPGのようにそのままシームレスに戦闘状態に移行する。コントロールできるのは、プレーヤーキャラだけでパーティメンバーはAIの自動戦闘。基本的には敵に近づくと自動で攻撃しますが、どういう攻撃をするかとかどういう技を使うかとかはリアルタイムにコマンドを選択する感じ。慣れるまではなかなか難しい。慣れると結構面白いんだけどね。

ストーリーはある意味「Last of Us 2」と同じ、復讐の旅路。ただこっちはちゃんと敵が悪役っぽい。やはり敵というのは、「Ghost Of Tsushima」でもそうだったけど、悪に徹してくれないとやってる方に爽快感がないよね。なんだかんだ言って戦って殺してるわけだし。もっとも最後までやってないので、ほんとに悪なのかどうなのかはまだわからんのだけどね(^^;)

Posted in ゲーム | No Comments »

ロフトベッドといふものあり

8月 18th, 2020 by PureJyam

部屋が妙に狭い。一応8畳間なので決して狭い部屋ではないはずなのだが、家具の配置のせいかフリースペースがないのである。ちょっと体を動かそうと思っても動かす余裕がない。
普段諸々の作業をしているテーブルが部屋の真ん中を占有しているのがよくない。こいつのせいで部屋が分断されてスペースを細切れにしてしまっているのだ。つまりこいつを壁際に寄せれば多少はましになる。
まぁそれはわかっているのだが、そう簡単にはいかない。壁際には既にいろいろな物が置かれているわけで、単にテーブルとそいつらを交換しただけでは全く解決にはならないのだ。

そこで閃いたのは、ベッドをロフトベッドに替えて、その下に作業スペースを移動すれば、結構な余裕ができるのではないかということだ。ということで、ロフトベッドをいろいろ見てみたのだが、サイズをどうするかで悩ましい。
現在のベッドは普通のシングルサイズのベッドなので、大きさ自体はシングルを選択すれば問題ない。何が悩ましいかというと、高さである。ネットを見ていると一般的には天井の高さは2メートル40センチ程度らしいのだが、うちは2メートル30センチしかない。ちょっと低いのだ。
で、ベッドの上に座ることを考えると天井までは90センチは欲しい。するとベッド表面は1メートル40センチ。布団の厚さを考慮するとベッドの底面は1メートル30センチなら大丈夫だろう。

しかし、どういうわけかロフトベッドというのは、あまり高さのバリエーションがない。梯子式のパイプベッドだと1メートル40センチが多くて、それより低いと今度は1メートルくらいのものになってしまう。横に階段のついたやつは1メートル30センチのものが多くて丁度よいのだが、それはそれで縦幅が現在よりも50センチ以上も大きくなってしまい、置き場所が厳しい。まぁ無理すれば置けるんだけどね。
それでまぁ選択である。1メートル40センチのを買ってちょっと窮屈な思いをするか、1メートル30センチのやつを買って無理やり置くか。どっちもどっちなんだよねぇ。悩ましい。ただ窮屈と言ってもベッドの上に座るのは寝るときと起きるときのほんの一瞬だけだ。ちょっと頭を屈めばいいだけなのだから、さほど大きな問題ではない。やっぱり梯子式の方かなぁ。うーん。

Posted in 日々雑記 | No Comments »

映像研には手を出すな!(ブルーレイ編)

8月 12th, 2020 by PureJyam

6月に来るはずだったブルーレイボックスがようやく届いた。やたらとでかい箱である。初回限定の特典たくさん版を買ってしまったのだ。設定資料だの絵コンテは他のアニメでもありがちだが、音曲浴場の牛乳瓶やTシャツまでついている。果たしてそれを着ることがあるのかは疑問だが、まぁコレクションとしては面白いのかもしれない。

個人的に一番よかったのは、オリジナルサウンドトラックCDが同梱だったこと。ミニ版とかではなく30曲入りのちゃんとしたやつだ。このアニメはサウンドトラックが素晴らしいのでありがたい。

ちょっと見てみようかと思ったら、結局全部見てしまっていた。やはりとても魅力的なアニメだ。細かいところで不満はなくもないのだが、そのへんは制作側と私との趣味の相違的な部分なので、しょうがない。

できれば、映像特典として映像研が作ったアニメの完全版を収録して欲しかったところだが、さすがにそれは難しいか。

そういえば、実写版の映画が9月にようやく公開らしい。映画版はドラマ版とどういう関係なのだろうかと思っていたのだが、どうも映画はロボアニメ編をやるようだ。ドラマ版で予算委員会までをやって、ほんとはそれが終わってすぐ公開の予定だったので、シームレスに楽しめる的な感じを目指していたのだろうが、コロナ騒ぎで映画の公開が遅れてしまったので、ちょっとブランクが出来てしまったわけだ。まぁどうせ見に行くのは乃木坂のファンなのだろうから、その程度のことは気にもしないのだろうけどね。

Posted in アニメ | No Comments »

ファイトクラブ

8月 10th, 2020 by PureJyam

「ファイトクラブ」 1999
タイトルだけは知ってました。ブラッド・ピットが出てることも知ってました。でも内容はよく知らなかったので、漠然と地下格闘場を舞台にしたロッキーみたいな映画だと思ってました。
なので、始まったときにまじで、パッケージに間違えて別の映画の板が入っていたのか?と疑いましたよ。いやいやこんな映画だなんて全く聞いてない。爆弾って何?あんた誰?まぁブラッド・ピットは途中から出てきて、ファイトクラブもちゃんと出てきたので、なるほどここからロッキーみたいになるんだと見てたら、いやいやいやいやちょっと展開がおかしくない?ハァ?ええええ?
という感じで、最初から最後まであっけにとられたままでした。いやぁロッキーよりははるかに面白いけど、まさかこんなストーリーだとはねぇ。「マトリックス」を見たときも普通のアクション物だと思っていたら、めちめちゃガチなSFで驚いた記憶があるけど、そんときよりもびっくりだわ。

「アルファヴィル」 1965
ジャン・リュック・ゴダールが撮ったSFということで、なんとなく買ってみた。そもそもゴダールの映画って他に見たことないんだよね。電脳アルファ60に支配される都市アルファビルにやってきたスパイの物語。SFと言っても特撮があるわけでもなく、未来っぽいセットが出てくるわけでもない。そこはかとなく未来っぽいところでロケして、セリフの端々にSFっぽい概念が入ってるというくらい。女性の肩に番号が書いてあるのもそれっぽいか。なにせ1965年なので、コンピューターがいかにも昔のメインフレームといった風情なのが、面白い。雰囲気がウルトラセブンの第4惑星の悪夢に似た感じがするのは、単にどちらも昔のSFだからなのだろうか。内容は観念的で、社会風刺じみているので、わりと退屈。

Posted in 映画 | No Comments »

ジョジョ・ラビット

8月 8th, 2020 by PureJyam

久々にブルーレイ。本日は3作品。

ジョジョ・ラビット」 2019
終戦間際のドイツ。優しさ故に兎を殺せず、ジョジョ・ラビットと揶揄されているナチスを信奉する10歳のジョジョ少年は、自宅の屋根裏に匿われていたユダヤ人の少女と出会ってしまう。ヒトラーがジョジョのイマジナリーフレンドとして登場したりして基本コメディだが、かなり辛辣な反戦もの。周囲の人たちの優しさに泣ける。ジョジョの親友ヨーキーがいい味を出していて、もっと出番増やしてあげてほしいと思った。普通この手の映画には手を出さないのだけど、Tumblrのダッシュボードに流れてきたいくつかのシーンが、ウェス・アンダーソンっぽい画面だったので、興味を引いたのだった。

「ユージュアル・サスペクツ」 1995
秀逸な脚本である。冒頭、男が銃で撃たれるが本当に撃たれたかどうか見せない時点で、もはや術中にはまっている。「カイザー・ソゼ」という伝説のギャングのボスとはいったい誰なのか、本当に存在するのか、秀逸な謎を巧みな伏線で描いていき、最後にガツンと食らわせる。いやはやお見事としか言いようがない。

「スローターハウス5」 1972
カート・ヴォネガットのSF小説「屠殺場5号」の映画化。かなり前から見たいなぁと思っていたがようやくである。しかし原作は未読だったりする。自分の人生の時間をいったり来たりできる男の物語であるが、映像化されると単なる回想シーンと区別ができない。特に説明があるわけでもないので、基本的にドイツで捕虜にされた経験のあるアメリカ人が戦後、成功して、過去を回想しているようにしか見えないのだ。後半、宇宙人に囚われてしまうというシーンが唯一SFっぽいが、全体からすると妙に浮いた感じになってしまい、結局何の映画だかよくわからなくなっている。

Posted in 映画 | No Comments »

Google Pixel 4a

8月 5th, 2020 by PureJyam

8月20日に発売らしい。あと、2か月Zrnfone4が健在だったらこっちにしたのに、全くタイミングが悪い。
メモリーが4Gから6Gに、ストレージが64Gから128Gに増え、CPUが670から730にグレードアップしました。本体サイズはほぼ同じですが、カメラをパンチホールにしたことで、画面は5.6インチから5.8インチと少し大きくなっています。これで税込み43000円なら安いでしょう。

3aを定価で買っていたらちょっと凹みますが、35500円だったので、まぁしょうがない。そもそもわたしのスマホの使い方では3aでさえオーバースペックなので、それ以上のものは必要ないんですよね。とはいえ、出そうだとわかっていながら2か月前に買ってしまっているのは、なんか悔しい(-_-;)

スマホといえば、Jelly2という世界最小スマホ?というのが、クラウドファンディングにかかっていて、どうやらこれにはFeliCaが載っているらしい。日本向けだけのようだが、ちょっと興味深い。小さくてFeliCa付のスマホは、例のRakuten Miniというのがあったが、なんだか対応周波数を密かに変更したりしてとても怪しげな感じになっている。それに比べるとキャリアに囚われないこっちの方が逆に安心できる。しかもRakutenMiniよりも少しばかり小さいようだし、中古で買ったXperiaをやめてこっちに乗り換えようかな(^^;)
値段も180ドルということで、そんなに高くないしね。

Posted in 小物, 物欲 | No Comments »

Solid State Disk その4

8月 2nd, 2020 by PureJyam

いったん動き出すと止まらないPCリニューアル。今度は、CドライブのSSDを替えました。まぁこれは突然思いついたわけではなく、以前からちょっと残り容量が怪しくなってきていたので、ある意味予定の変更です(^^;)

ただ、最初は単純に240Gのものを500Gに変えるだけと思っていたのですが、今回買ったASROCKのX570 SteelRegendというマザーは「PCIe4.0・Gen4」という新規格に対応しているとのことだったので、せっかくだからそれ用のSSDにしてみました。

今までは、SSDは2.5インチディスクサイズのやつを付けていたんですが、今回はM.2SSDというマザーボードに挿すカードタイプのやつ。なんかやたらちっちゃんですよねぇ。メモリーよりも小さい。まぁ考えてみると、マイクロSDカードなんてもっと小さいですしね。逆に2.5インチディスク大のやつには何が入っているのだろうって感じです。
こいつはかなり熱くなるという話なのですが、SteelRegendには最初から専用のヒートシンクとファンが付いているので、多分問題ないでしょう。

というわけで、恒例のCrystalDiskMarkの結果。なんつーかすげー速いね。今まで付けていたやつは、シーケンシャルの読み込みがだいたい500MB/sくらいだったので、10倍ぐらい速くなってる。こいつはすげーや。
とはいえ、それでPCの起動が爆速になったかというと、もはや体感できるほどの差は出ないんだよね。グラボを変えてもメモリーを変えてもCPUを変えても確かにベンチマークは速くなるけど、体感ではどれも大した差を感じない。いったい何に金をかけてるんだろうって感じ。完全に自己満足の世界ですね。(-_-;)

Posted in パソコン | No Comments »

ゲーム雑感その7

7月 31st, 2020 by PureJyam

数えてみたところ7回目の雑感なので、ちゃんと番号付けるようにしました。だから何って感じですが、わかりやすいようにってことで。

GHOST OF TSUSHIMA」はメインストーリーを後回しにしてサブクエを先にこなしているせいか、まだ終わりません。7/30に「仁王2」のDLCがダウンロード開始されてるのですが、まだできそうにないという(-_-;)
まぁもう大分終盤に来てはいるので、土日中にはかたが付きそうですけどね。とはいえ、「仁王2」もしばらくやっていなかったので、DLCに手を付ける前にコントローラーの操作を慣らしておかないといけないので、もう少しかかりそう。

アクションゲームは序盤から順にやっていくことで、後半の強敵にも立ち向かえるわけで、途中でブランクが挟まるとすぐには対応できないんですよねぇ。特に死にゲーなら尚更です。
死にゲーと言えば、「SEKIRO」のアップデートが10月に行われるそうで、新機能として、任意のボスといつでも戦えるようになるとか。発売後もう1年以上経ってからの新機能実装というのも珍しい。「GHOST OF TSUSHIMA」の評判がよいので、対抗心が芽生えたのでしょうか(^^;)
ボスとすぐに戦えるのはよいですねぇ。もう一度ラスボスと戦ってみたいと思っても今では最初から全部やらないといけませんからね。しかも周回しているので敵もそれなりに強くなってるわけで、簡単にはできなかったですし。

あと「アウターワールド」にも秋にDLCが出るらしい。あれも面白かったのでDLCもぜひやりたい。

そういえば、「The Last of Us PartⅡ」もあったんですが、もはややる気を失っているので、どうしたもんかなぁ。

Posted in ゲーム | No Comments »

ふらいんぐうぃっち

7月 28th, 2020 by PureJyam

今回は前回以降、2019/8からの約1年分ですね。

「便利屋斎藤さん、異世界に行く」  一智和智
よくある異世界転生ものだが、斎藤は異世界に行っても勇者とかになるわけでなくあくまで便利屋をやってるとこが面白い。齋藤さんとは関係ないネタマンガのような番外編をちょいちょい挟んでくるので、ずっとこんな感じなのかなぁと思っていたら、2巻で意外なまとめ方をされていて関心した。

「少女終末旅行」 つくみず
以前アニメで見たときは、1巻しか買わなかったんですけど、結局全巻買いました。まぁ全巻と言っても6巻しかありませんが。いい感じに終わらせたと言えるでしょう。へたに長引かせてもヘタレる場合が多いですからね。この結末に希望を見るか絶望を見るかは人によるのだろうな。

「恋情デスペラード」 アントンシク
やたらにうまい絵と江戸時代と西部劇をミックスした世界観が面白そうだったので買ってみた。銃を仕込んだ義手を持つやたらに強い女渡世人のお紋が日本一の夫を探して旅をしているというよくわからないお話しだが、マカロニウエスタンっぽくてなかなかに好み。

「妖怪ハンター」 諸星大二郎
昔、ジャンプコミックスで1巻だけ買った。ネットでみかけて全部読みたくなったので3巻にまとまったやつを買う。稗田礼二郎シリーズがこれで全部なのかどうかはわからない。久しぶりに読んだが、まさに諸星大二郎の真骨頂といったところ。特に「生命の木」はすごい。

「大ダーク」 林田球
ドロヘドロが完結したあとの新シリーズ。あいかわらずドロドロぐちゃぐちゃな展開。宇宙を舞台にしたことで、ドロヘドロよりカオス感が増している。ただ世界設定にとりとめがなくて散漫な印象。

「シメジ シミュレーション」  つくみず
少女終末旅行が完結したあとの新シリーズ。頭に目玉焼き載せた女子高生と頭にシメジを生やした女子高生のSFチックなゆるい日常。悪くない。

「地獄楽」 賀来ゆうじ
やたらにうまい絵と不死とも言われる忍が不老不死の仙薬を探しに首切り浅右衛門とともに極楽のような島に渡るというお話が面白そうだったので買ってみた。まぁよくある異能バトルマンガではあるのだが、極楽の設定がなかなか面白くて先が気になる。

「あたらしい家族ができました。」 与田 基俟
父が死んで叔父に引き取られることになった女子高生がおねえだった叔父と暮らす話。特にこれといった特徴はないのだけど、なんとなく買ってしまった。面白くなくはない。

「ゲイ風俗のもちぎさん セクシュアリティは人生だ。」 もちぎ
子供の頃から母親に虐待されていた主人公が家を出て東京でゲイ風俗で働くお話。作者の実体験らしい。多分実写でやったらドロドロしてしまうような話なのだが、デフォルメされたキャラで描かれるとギャグっぽくまとまってしまうとこは作者のうまさゆえか。

「ふらいんぐうぃっち」 石塚千尋
これまた以前アニメで見たときは、1巻しか買わなかったんですけど、結局全巻買いました。アニメでは魔法ネタはあまり描かれなかったですが、原作のアニメ以降のお話では、ちゃんと魔法を使っていて魔女魔女してます。アニメも面白かったですが、アニメではやらなかった4巻後半以降の方が登場人物がさらに増えて面白い。

Posted in コミック | No Comments »

徒然なるまま その28

7月 26th, 2020 by PureJyam

名前からして怪しげな「ZONe Ver.1.0.0」なる新しいエナジードリンクを飲んでみた。この手のカフェインドリンクはたまに、モンスターエナジーのオレンジかピンクを飲むのだけれど、どう考えても身体によくなさそうなので、たまにしか飲まないようにしている。モンスターエナジーのオレンジのやつは結構好きなので、ちょくちょく飲みたいとは思うんだけどねぇ。
で、こいつはまぁ量が多い。500㎖缶である。値段は他の350のやつと変わらないので、お得と言えばお得。味が好みならね(-_-;)
個人的にはちょっと好みでない感じ。ベースの味はモンスターエナジーのグリーンに似ているのだが、妙に酸っぱい。モンスターエナジーから甘味を抜いて酸味を足したような印象。同じシリーズの赤いやつも以前飲んだのだけど、そっちの方がなんかジュースっぽくて飲みやすかった気がする。

グラフィックボードを変えてから、モニターへの映り方がなんか変になった。モニターはメインモニターとして、EIZOのやつを使い、セカンドモニターとして、REGZAを接続しているだけど、メインモニターの電源が入っていないと、REGZA側にメインが切り替わってしまうのである。なので、最初にメインモニターの電源が入ってない状態でPCを立ち上げると、REGZAにログイン画面が表示されてしまうのだ。以前はこんなことなかったのに、なんでだろうと不思議に思っていた。同じNVIDIAでもボードによって仕様が違うのだろうかとか考えていたのだが、調べてみるとどうやらメインモニターへの接続方法をDVIからDisplayportに変えたせいらしい。Displayportの規格上モニターの電源が切れるとPCとの接続そのものも切れてしまうとか。なのでメインモニターの電源が入っていないと、メインモニターそのものがなかったことにされて、PCにはREGZAしか繋がってないという認識になってしまう・・・
全く困ったもんであるが、幸いなことにEIZOのモニターにはそれをさせないようにする設定があった。多分電源がオフになってもDisplayport側には信号を送り続けるようなモードなのだろうが、それを設定すると現象はピタリと止んだ。さすがEIZOである。まぁ全部のモニターにそんなモードが存在するわけでもないらしいので、今度モニター買うときは、注意しないとね。

Posted in 日々雑記, 飲食 | No Comments »

« Previous Entries Next Entries »