ヤミヤミ≒ヨマイヨマイ

このブログはわたしじゅんはじめが外界からの数多の刺激の中で妄想した事柄とか内なる衝動が生み出した邪なる創造の萌芽とかそういうなんだかよくわからないものを徒然なるままに日々雑記として書きつらねていこうと画策した上に設置されたものである・・・・・・・のかもしれないぞっと(^^ゞ

エンニオ・モリコーネ

7月 7th, 2020 by PureJyam

エンニオ・モリコーネ氏が亡くなった。追悼という意味で、氏の関わった映画の音楽について書いてみる。非常に多くの映画音楽を手掛けていて、わたしの知っているものなどほんの一握りにすぎないので、追悼というのもおこがましいのだけどもね。最近の楽曲はほとんど知らなくて昔の曲ばかりだし。

荒野の用心棒(1964)、夕陽のガンマン(1965)、続・夕陽のガンマン(1966)
マカロニウエスタン好きとしては外せないでしょう。この3作はあまりにも有名で多分映画を見たことない人でも聞いたことあるはず。どれが一番かと問われるとかなり悩む。どれもよいが強いて言うなら「夕陽のガンマン」かなぁ。「荒野の用心棒」のシンプルな雰囲気も捨てがたいのだけどね。

新・夕陽のガンマン/復讐の旅(1967)
一応ブルーレイは持ってます。2017年の7月に買って見ているはずなんですが、全く言及してませんね(-_-;) まぁ実のところあまり面白くはなかったです。リー・ヴァン・クリーフはかっこよかったですがね。音楽がエンニオ・モリコーネだったことすら知りませんでした。上記3作に比べるとかなり地味な楽曲で、もちろん悪くはないのですが、あまり印象に残らないです。そもそも監督がセルジオ・レオーネでない時点で、なんで夕陽のガンマンシリーズみたいなタイトルなんだよって感じですが、多分リー・ヴァン・クリーフ繋がりっていうことなんでしょう。続荒野の用心棒もそんな感じでしたしね。

夕陽のギャングたち(1971)
中学生の頃に買ったアクション映画音楽集とかいうレコードに収録されていて、本編はずっと見ていなかったにもかかわらず曲だけは、何度も聴いたやつ。ちょっとコミカルな印象でマカロニウエスタンの3曲と比べるとかなり毛色が違うが、結構すきだった。本編は2,3年前にケーブルテレビの録画で見たのだけど、個人的にはあまり合わなかった。ジェームズ・コバーンのキャラはよかったんだけどねぇ。

シシリアン(1969)
アラン・ドロン、ジャン・ギャバン、リノ・ヴァンチェラの3大スター競演のフィルム・ノワール。確か中学生のころにテレビでやったやつを録音して何度も聴いた。とても好きな曲。ブルーレイは買ったのだが、まだ見てない(-_-;)

狼の挽歌(1970)
これも中学生の頃レコード(夕陽のギャングたちとは違うやつ)でさんざん聴いた。当時映画音楽が好きだったが、レコードを何枚も買うお金がなかったので、一枚に複数曲収録されているの買ったりしてた。本編は見ているはずだが、あまり記憶にない。

死刑台のメロディ(1971)
本編は見たことないし、レコードに収録されていたわけでもないが、なぜかよく聴いていた記憶だけがある。多分ラジオからエアチェックしたものなのだろう。今回これを書くまで、エンニオ・モリコーネの曲だと知らなかった。

エクソシスト2(1977)
大ヒットした1作目に比べてあまり評判の芳しくない2作目ですが、わたしは好きです。1作目のマイク・オールドフィールドのチューブラーベルズはホラー映画のテーマとして素晴らしくフィットしていたが、2作目のエンニオ・モリコーネの曲はとても美しく優しい曲で、ホラー映画のテーマとは思えない。個人的には氏の曲で一番好きかもしれない。

Posted in お気に入り, 映画, 音楽 | No Comments »

DDR4-3600

7月 4th, 2020 by PureJyam

なんかもうここまでくるとほぼやけくそである。電源まで変えたんならいっそのことメモリーも新調してしまえ。という衝動から逃れられなくなってしまったのだった。今まで使っていたのは、DDR4-2400という16Gの一枚ものだったのだが、RYZENの新しいやつには3600が最適とかいう情報を得て、なんだか結構なお値段のメモリーに手をだした。

8Gの2枚組で15000円もする。安いのなら32G変える値段である。そもそも今まであまりメモリーの速度を考えたことはない。安くて容量が多ければいいという感じでやってきた。なので、わざわざデュアルチャネルにしようかとかは考えてなかったのだ。が、今回はそのへんちゃんと考慮することにした。BIOSでちゃんとXMPの設定をして3600か生かされるようにもしている。

んでもって、メモリー変えたからなんなのってことで、とりあえずまたまたFFのベンチを動かしてみる。そしたらまぁ驚いたことに、16719である。グラボ変えて12725から13385と微増だったものが、メモリー変えたらそれよりよっぽど数値が上がってる。そんなことあるんだ(^^;)

うーん、メモリーがネックになってたってことか?ちなみに3DMarkの値はほぼ変わらずなので、やはりゲームのベンチマークということで、メモリーをかなり使って動かしているのだろう。そのせいで違いが顕著に出たということか。確かに2400から3600なので、1.5倍になってることは確かだけど、こんなにも影響あるんだねぇ。これからはメモリーのこともちゃんと考えることにしましょう。あと、もう一つ驚いたのは、このメモリー光るんですよ。メモリーなのになんで光るん。最近のパーツは方向性がよくわからん(-_-;)

それにしても今回はなんだか次から次へとパーツを買ってしまい。合計するとかなりのもんになってしまった。全く困ったもんだ。このままあと5年くらいはアップデートなしでいくしかないかね。

Posted in パソコン | No Comments »

GeForce RTX2060 その2

7月 2nd, 2020 by PureJyam

早速電源を買う。またまた玄人志向のやつ。結局750Wにした。特に何でもよかったのだが、一番近いヨドバシに在庫があったので、取り置きして店舗受け取りで最速ゲットという次第。
まぁ10年持ってくれとは言わないが、せめて3年くらいは普通に使えてほしい。こればっかりは、運もあるからねぇ。前のより高いからといってその分持つとは限らない。

最近の電源は電源ユニットから大量のケーブルが生えているタイプは少ないらしく、これもプラグイン方式になっている。必要最低限のケーブルのみ刺すことで、ケースの中がすっきりするわけだ。750Wにしたのはドスパラのサイトにあった電源容量の見積もり機能で計算したところ大体750Wくらいで大丈夫そうだったから。さらに今後を見込んで850Wとかにしようかとも考えたが、まぁそんときはそんとき考えればいーやってことで、今回は750W。

電源ユニットを交換したからと言って何も変わり映えはしないが、ベンチマークはちゃんと動くようになった。しかしFFベンチはあまりぱっとしない結果。1060で12725だったものが、13385とCPU変えたときよりも上がらない。ただ3DMarkのTimeSpyは4371から7306と約70%ほどの大幅アップ。やはり新しいGPUは最新のDirextX12に関わる方の性能が向上しているらしい。DirextX11でも上がってはいるが、12の方が著しい。FFは多分DirectX11っぽい。

3DMarkはちょうどSteamでセール中で、463円だったので有料版を買ってみた。無料版だとTimeSpyだけしか使えないが有料版はレイトレーシングのベンチとかも使える。ちなみにレイトレーシングベンチは、1060だと779で平均FPSは3.61、ほぼカクカクでまともに見れない状態だった。2060は一応ハードで対応しているため、スコアは3895、18.03FPSとまぁなんとか動画として見れるくらいにはなった。ただこれでゲームは厳しそう、レイトレ対応ゲームするには2080くらいを積まないとだめなのかもしれない。とはいえグラボに10万超出すのはさすがに無理としか言えない。

Posted in パソコン | No Comments »

GeForce RTX2060

7月 1st, 2020 by PureJyam

まぁ結局のところCPU交換だけで済むはずもなく、物欲のおもむくままにグラボも買ってしまうわけだ(-_-;)
GTX1660Tiと最後まで迷ったが、前回買ったCPUとマザーボードでヨドバシのポイントが溜まっていたため、こっちを買っても支払い自体は3万ちょいで済むということで、こっちに決定。実に3年半ぶりのグラボ交換である。

単に差し替えだけなので、何のトラブルもなく電源オンで、画面はすんなり映った。んでもって、恒例となったベンチマークテストを行おうと、プログラムを起動したまではよかった。が、ベンチマーク開始ボタンをクリックと同時になんと電源断( ノД`)
最初何が起こったかわからなくて、再起動後同じことをやってみたが、現象はかわらず。まぁ要するにグラボに負荷がかかるタイミングで切れるということなので、どう考えても電源不足ということですかねー・・・

いやぁ、さすがにこれは読めなかった。まさかここでひっかかるとは。しかしよくよく考えてみると電源ユニットは10年前にPCを新調したときに買って以来そのままだった。今まで電源がらみのトラブルが一切なかったので、買い替えるという発想が全く浮かばなかったんだよね。まさか10年も使ってたとは。それしてもよく持ったもんだ。物は玄人志向の560Wのやつで、6000円くらいの安いのだんたんだけど、こんだけ持ってくれたら十分すぎる。

早急に買い替えなきゃいかんけど、どのくらいのやつならいいんだろうか。さすがに500Wというわけにはいかなそうなので、650Wか750Wくらいなのかな。1000Wとかはいらないよね(^^;)

Posted in パソコン | No Comments »

ギガンティックアームズ オメガリアクター

6月 30th, 2020 by PureJyam

どえらく久しぶりにプラモデルを買ってしまう。小学生の頃は何かというとプラモデルを買っていた気がするが、中学生くらいにはもう作らなくなっていたかなぁ。だとするとウン十年ぶりということになる。
実は結構前にロボット系のやつを買ってあるのだが、わりと作り甲斐のありそうなボリュームだったので、時間ができたときにじっくりとか思いつついまだに手をつけてなかったりする。

これは、なんだかよくわからないオブジェクトだが、SFチックな見た目がかっこよくてついついポチッてしまったもの。中にフィギュアを入れて飾るためのディスプレイグッズですね。
ほんとは美少女系の小さいフィギュアを入れるっぽいのだけど、わたしはどうしても入れてみたいものがあって、それが左側のやつ。
これは、東亜重工製合成人間 1/12スケールというフィギュアで、これまたあまりのかっこよさに、見た瞬間ポチったもの。2017年の1月に届いたのでブログに書いたかなぁと思って見返したが案の定書いてなかった・・・
こいつは、ほんとかっこいい。可動部分も多く、人間ができるポーズならほとんど真似ることができるくらい自由度が高い。まぁその分高かったけどね(^^;)

全長15㎝とそんなに大きくないが、完成したオメガリアクターには体育座りのような恰好にしないと入らなかった。まぁそれはそれで絵にはなるのだけど、やはり立ちポーズで全身が見えるようにしたい。しょうがなく緑色の透明パーツを追加で購入した。扉部分は手前の2枚を後ろの2枚の延長として使ってしまったので、パッケージ写真のように開くことはできなくなった。でも逆にその方がそれらしい感じが出てとてもよい。

ネットで見るとダイソーのLEDライトを組み込んで光らせている人もいて、それはちょっとやってみたい気がしているのだけど、近場にダイソーがないので、どうしようかなと考えていたりする。

Posted in お気に入り, 小物 | No Comments »

Lumix G100

6月 27th, 2020 by PureJyam

Sonyに引き続き、PanasonicもVLOG用とかいう機種を発表してきました。しかもコンデジではなく、マイクロフォーサーズ機。G100とかいう型番からみると、今のG99の系列なのか?
もっとも最近のLumixの型番も違いがよくわからなくなってきているので、名前はどうでもいいのかもしれないが。
VLOG動画用を押しているわりに、動画系列のGHでなく、4Kも30pまでしか撮れない。

SonyのZV1がマイクがらみの機能を押していたのと同様、こっちも集音に関する部分は強化されているみたいでNokiaの立体音響技術を採用が売りのよう。
Sonyはコンデジ、Panasonicはレンズ交換可能なマイクロフォーサーズという形ながら同じようなコンセプトのカメラを出してきたのは偶然というわけでもなさそうですが、やはりVLOGとかようわからん。
一般向けにアピールできるような感じでもないし、もういわゆるカメラは完全にマニア向けとかそういう方向にいくしか生き残る術はないのかも。

マイクロフォーサーズの一翼を担っていたオリンパスも、ついに映像事業を分社化して売却してしまいましたしねぇ。スマホのカメラ機能がここまで進化してしまうと、普通の人はもうカメラなんて必要としないですからね。一般向けのカメラというジャンルは遅かれ早かれ消滅してしまうのかも。
まぁただ趣味の分野にはいくらでも金を出すぞという層は少数ながら存在するので、高級機にシフトして細々とやってく感じでしょうか。Panasonicもフルセンサー機を出したりして手は打っているようですし。

でも、G100はまだ日本向け発表がないのでわかりませんが、海外では本体8万くらいと言われているようで、そんなに高くはありません。ZV1が発売されて大体9万くらいみたいなので、こっちもレンズキットで9万くらいに収まりそう。
一般向けとは言えないまでも、初級マニア向け的な位置づけなのか?

Posted in 写真 | No Comments »

徒然なるまま その26

6月 24th, 2020 by PureJyam

特にテーマのない雑記はこのタイトルで書いているが、前回は6年前だったという(-_-;)
GH3のキャッシュバックの話をしているが、そもそもGH3買ってから6年経っているということが驚愕の事実だ。GH1は自分にとってかなりのものをもたらしてくれた気がしているが、GH3は結局あまり使いこなせてもいない。

Appleの開発者向けイベントであるWWDC2020があったが、新ハードの発表はなく、OSのバージョンアップの話とMacのCPUをインテルから自社製に変更するということがメインだった。iPhone,iPad,Macが自社製の同系統のCPUで統一できれば、Appleにとってはかなり美味しい話であり、プログラムがそれら機種で融通できるようになれば、開発者にとっても美味しいだろう。インテルはWindowsPCの方もAMDに侵食されているし、なかなか厳しい状況なのかも。

写真は最近飲んだ新発売のやつ。左のレッドブル サマーエディションは、何味だかよくわからない薄っぺらい感じ。エナジードリンクっぽくない。夏だからさっばり系なのだろうが、オリジナルの方がよい。右はコカコーラオレンジバニラだが、まぁその通りの味。基本的にコーラなのだが、ほんのりバニラ風味がある。オレンジ感はあまり感じなかった。9割がたコーラなので、特にインパクトもない。結局どっちもまずくはないが、また買おうとは思わないという結果に。

写真を見て気づいたが、左は前のZenfone4で撮ったやつで右は新しいPixel3aで撮ったやつだった。隣合わせにすると結構映りが違うね。Pixel3aの方が明るくて色鮮やか。なかなか良い感じにに撮れる。さすがGoogleですな。

Posted in 日々雑記, 飲食 | No Comments »

The Last of Us PartⅡ

6月 21st, 2020 by PureJyam

前作は7年前だった。さすがに7年経つとついこの間という感じはしない。ストーリーとしては前作で区切りがついているので、そこからどう2作目に繋げていくのかというとこに興味があったが、今作は前作に増して重い。まぁ前作もジョエルの暗い過去から始まっているので暗いといえば暗いのだが、旅の目的自体はエリーを目的地まで届けるという穏便なものだった。しかし今作はようやく安住の地を得た二人が新しい生活に慣れてきたところで、事件が勃発しエリーは復讐を目的に旅経つことになる。そもそもその時点で重いわけだ。だいたいパッケージデザインがもう重いんだよねぇ。あのエリーの怒りとも憎しみともとれる表情のアップが今作の方向性を示しているのかもしれない。

とはいえ、まだ始めたばかりで序盤も序盤なのでまだまだどう展開するかはわからない。ただプレイの緊張感が前作とは全然違う感じ。前作はなんといってもジョエルが主人公でたよりになる親父だったのだが、今作はエリーが主人公である。ジョエルの後ろをちょこまかとくっついて歩いていたあのエリーが主人公というだけで、なんだかこころもとないのだ。前作やってるときも娘を見るような親心的な心情がちょっとあったが、それがさらに増大してる感じ。自分で操作しているにもかかわらず、なんかもう見てられないというハラハラ感がすごい。

システム的には前作と多分あまり変わっていない。多分というのは、あんまし憶えていないせいだ。なんせ7年前だしね。グラフィックはさらに綺麗。前作はよくよく考えるとPS3だったわけで、それでもかなり綺麗だったがPS4になってさらに進化している。とはいえ、PS4の他のゲームもみんなすごいグラフィックなので、前回感じたほどのインパクトはない。

長時間やってると精神的に疲れてしまうので、ちょっとづつやっていく予定。果たして最後までたどり着けるのだろうか・・

Posted in ゲーム | No Comments »

Google Pixel 3a

6月 19th, 2020 by PureJyam

迷いに迷った末、買ったのはPixel3aでした。特にこれと言った長所もない端末ですが、対抗馬のReno3Aが純粋なAndroidでなくカスタムOSで、かつ端末単位でバージョンアップされることもないということなので、どうもそのあたりに引っかかった結果、Google純正であと2年くらいはOSのアップデートがあるというこっちに決定したわけ。まぁPixel3aも元値のままだったら完全に選択外だったわけですが、たまたま今なら35,000円で買えたということも大きい要因ですね。

大きさがちょっと小さくなりましたね。Zenfone4が5.5インチ、Pixel3aが5.6インチと画面サイズとしては大きいのですか、筐体自体は高さが155mmから151mm、幅が75mmから70mmと小さくなってます。重さも165gから147gと軽くなりました。
CPUがSnapdragonの630から670になってディスプレイも液晶から有機ELに変わったのが結構大きな違いですが、普通に使う分にはあまり違いはわかりません。そもそもゲームをするわけではないのでCPU性能はあまり関係ないし、動画や写真をたくさん見るわけでもないので、画面のきれいさも特に気にならないという(^_^;)
メモリと内部ストレッジの容量は同じですが、Pixel3aはSDカードが刺せないので、ストレッジの拡張ができません。ただこれもそんなにストレッジ容量を食うことはしてないので、あまり影響はなさそうです。Zenfone4には64GのSDを入れてましたが、2年半使っても全体での使用量は結局64Gに収まっていたくらいですしね。

カメラは2眼から1眼に後退。Zenfone4は広角レンズがあったんですが、Pixel3aではなくなりました、Reno3Aは通常と広角とモノクロとポートレートという4眼装備で、そこがちょっと気になってはいたんですが、実際問題としてそんなにスマホで写真撮るかというと、ブログに載せる物撮りくらいしかしてないので、決め手にはなりませんでしたねぇ。

ほんとならZenfone4をあと1、2年使ってもよかったんですが、壊れてしまってはどうしようもない。このPixel3aはどのくらいもつんだろうかなぁ。

Posted in 小物, 日々雑記 | No Comments »

Zenfone4自壊

6月 16th, 2020 by PureJyam

以前、XperiaZ3Cpmpactでも起こったのたけど、ついにZenfone4でも同じ状態に成ってしまった。どう見ても、バッテリーの膨張であろう。Zenfone4は2017年の12月に買ったものなので、大体2年半くらい経っている。Xperiaのときは買ってからたったの1年ちょっとで壊れたので、それに比べればまぁしょうがないなぁというところだ。しかしXperiaは無料修理で復活できたが、Zenfone4はドコモショップにもっていくわけにもいかないので、もはやどうしようもない。バッテリーを交換して修理してもらってもそこそこお金がかかりそうだし、買い替えろということなのだろう。
しかし、バッテリーの膨張には全く気付かなかった。普段手帳っぽい蓋つきのケースに入れているので、異変がわかりにくかったせいだ。今日、写真を撮ろうとして手に取ったらケースから外れそうになったので、はめ直そうとしたらうまくはめられなかった。んでもってよくよく見たらバックパネルが浮き上がっていたというわけ。

スマホについては、去年の暮れにおさいふケータイ問題で買い替えようとしたものの結局メインのZenfone4はそのままにして、Xperia X Compactの中古を導入することでしのいだので、当面はこの体制でいけると踏んでいた。まさかこの時期になってZenfone4が壊れるというのは全くの予想外だ。

実はスマホの買い替え自体は考えていなくもなかった。コロナ騒動がなければ、5月くらいにGoogleのPixel4aの発表があったはずなのだが、それを見てもしよさげだったら買い替えようかとも思っていたのだ。しかしそれも延期になってしまい、噂では7月くらいに発表らしい。壊れていなければそれを待つのに問題はなかったが、さすがにこの状態で、そこまでは伸ばせない。早急になんとかしなければならなくなった。

現時点での候補は、①Pixel3a、②OPPO Reno3 A、③AQUOS Sense3、④moto g8 plusの4つある。実質的には①と②が本命。Pixel3aは去年の機種だが、4aが出るということで、セール中、3万円台で買える。スペックも問題ない。ただもうすぐ4aが出るのはわかっているので、今更旧機種を選択するのは心理的な障壁がある。Reno3Aは6/25発売予定の新機種。コスパのよさで話題となったRenoAの後継機と思われる。こっちもコスパはかなりよいし、カメラも面白そうだ。FeliCaも対応しているが、おさいふケータイ問題は解決済なので、アドバンテージは少ない。気になるのは中国メーカーであるとこくらい。まぁHUAWEIではないので、そこまでリスクはなさそうだが。

どっちもどっちという感じで決め手がないんだよねぇ。どうしたものか(-_-;)

Posted in 小物, 物欲 | No Comments »

« Previous Entries